急激な痛みに襲われるのは足のつりから?それとも肉離れ?

足がつる 肉離れ

足のつりはこむら返りとも呼ばれています。こむらとはふくらはぎのことです。
夜中や朝方、運動をしている最中などに急激な痛みを感じて、辛い思いをしたことがあるという経験を持つ人がほとんどというほど、足がつるというのは日常的に起こるものです。
足がつるときは軽いものであればすぐに痛みが引きますが、重度になると数日間痛みが残る、ぶり返すとうこともあり生活にも支障をきたしてしまいます。ですがあまりにも痛みが長引く場合には肉離れを起こしている可能性があります。

●肉離れとは

肉離れはスポーツ外傷の一つです。
筋肉が部分的または完全に断裂することを指します。

○下半身の筋肉に起こることが多い肉離れ

肉離れが起こりやすい部位として挙げられるのが、太ももの前面の筋肉や裏側の筋肉、ふくらはぎの筋肉です。スポーツによっては太ももの内側に起こることもあります。また稀に腹筋などに肉離れが起こることもあります。

○急なジャンプやダッシュが原因になっている

肉離れが起こる状況として挙げられるのが、急なジャンプやダッシュをしたときです。これらの動きを頻繁に繰り返すスポーツは特に肉離れを起こしやすくなります。
さらに筋肉が硬い状態でこれらの動きを行うと、筋肉が十分に伸びないことで筋肉に大きな負荷がかかり肉離れを起こしやすくなります。

○肉離れを起こしたときの筋肉の状態

例えば、ダッシュをしようとすると太ももの裏側の筋肉が急激に収縮します。

そこから走り出して膝を伸ばす動きに移行すると収縮していた筋肉が無理やり引っ張られてしまいます。このときに収縮する筋力が引っ張られる筋力に負けてしまうと、筋肉が部分的または完全に断裂してしまいます。完全に断裂するのは極稀ですが、実際に肉離れを起こすとブチッ、バチッという筋肉が切れる音を感じることがあり、急激な痛みに襲われます。

○肉離れの対処法

肉離れを起こした場合は、まず応急処置としてアイシングを行います。内出血が拡大してしまうと治療期間が長引く可能性が高くなるので患部を適度に冷やすことで内出血の拡大を最小限に抑えます。その後専門医を受診し適切な検査や治療を受けることになります。

●肉離れとこむら返りの違い

英語では肉離れはマッスルストレイン、こむら返りはマッスルクランプと呼ばれます。
急に起こる、痛みが似ていることから肉離れの症状がこむら返りと勘違いされたり、こむら返りの症状が肉離れと勘違いされることもありますが、肉離れとこむら返りは全くの別物です。

こむら返りは筋肉が収縮することで起こるものですが、肉離れは筋肉が損傷したり、断裂することで起こるものです。

○痛みを感じる時間にも違いがある

一般的にこむら返りの痛みは長時間続くものではありません。筋肉の収縮が落ち着くと痛みは自然と治まっていきます。

これに対して肉離れの痛みは短時間で治まるものではありません。筋肉の損傷や断裂など根本的な原因が解決しなければ痛みが治まることはないからです。
稀にこむら返りが長引くという場合もありますが、肉離れの場合は軽いものでも一週間程度、断裂となると手術が必要になるなどの大怪我となることもあるので全く違うことがわかります。

○筋肉の状態にも違いがある

肉離れなのか、こむら返りなのか、特にふくらはぎがつるとどっちなのか見分けがつかないということが多いですが、痛みを感じたときの足の状態を見ることである程度見分けることができます。

肉離れもこむら返りも激しい痛みを感じるのは同じですが、こむら返りが起こっている筋肉は痙攣を起こします。痛みを感じたときに痙攣も感じる場合はこむら返りの可能性が高くなります。また肉離れを起こしている場合は筋肉が損傷、断裂をしていることから筋肉に力が入りません。こむら返りの場合は力が入ったまま抜くことができないので、ここでも見分けることができます。

●まとめ

肉離れとこむら返りの痛みが似ていることから同じものだと考えている人もいます。ですが、肉離れとこむら返りは全く違うものであり、万が一肉離れであった場合は放置をしていても完全に治ることはありませんし、場合によってはさらに症状が深刻になる可能性もあります。
痛みや違和感などの症状が長引く場合は早めに専門医を受診するようにしましょう。

この記事を書いた人

meister-kx3