足がつるのは激しいスポーツが原因?大量の汗にも注意が必要な理由

走る人

足のつりは筋肉が痙攣していることで起こり、痙攣をしているときの足の筋肉は収縮をしています。ですがこれは自分の意思によって起こるものではなく、無意識下で筋肉が異常収縮することで痙攣や激しい痛みが起こります。

●筋肉疲労による足のつり

普段あまりスポーツをしない人が突然スポーツをした、普段使いなれない筋肉を動かした、長時間スポーツをしたなどの場合は筋肉が伸縮をコントロールする機能が過剰に反応することで筋肉の痙攣や収縮を引き起こしやすくなります。これが筋肉疲労による足のつりです。

●ミネラル不足による足のつり

激しいスポーツをして大量に汗をかくと、体内の水分と一緒に排出されるのがカリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルです。ミネラルはタンパク質や脂質、炭水化物などと並ぶ五大栄養素の一つです。人間の体はミネラルを体内で生成することができないため、常に食事などから摂取する必要のある栄養素です。

○体内のイオンバランスが崩れると

水に溶けると電気を通す物質のことをイオン(電解質)と言います。ナトリウムやカリウム、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルがイオンです。

イオンは体内で細胞の浸透圧を調節する、筋肉や神経の働きを調整するなどの役割を担っています。水に溶ける性質を持っているので、体内の水分に溶けているミネラルは汗をかくことで体外に排出されてしまい、体内のイオンバランスが崩れてしまいます。

ミネラルは、脳からの司令を筋肉に伝える際に必要不可欠なものでイオンバランスが崩れてミネラルが不足してしまうと、脳からの司令が上手く筋肉に伝わらなくなり、その結果筋肉の以上収縮を引き起こし、足のつりとなって痛みや痙攣を感じます。

●水分補給には注意が必要

汗をかいたときに脱水を予防する目的で水を飲むという人も多いのではないでしょうか。コンビニやスーパーなどでは手軽にミネラルウォーターを購入することができるので、普段から購入して飲んでいるという人もいるでしょう。

ですが、ミネラルウォーターなどの水から摂取することができるミネラルはほんのわずかです。ミネラルを補給せずに水分ばかりを補給するとさらに体内のイオンバランスは崩れてしまいます

●まとめ

スポーツで筋肉を使うと筋肉疲労によって足がつりやすくなります。ですがこれだけではなく激しいスポーツで汗を大量にかくことで体内のミネラルが失われ、イオンバランスが崩れてしまうことでも足のつりを誘発しやすくなってしまいます。汗を大量にかくスポーツでは水分だけではなくミネラルの補給も意識するようにしましょう。

この記事を書いた人

meister-kx3