飲みすぎた翌日は足がつりやすい!お酒で足がつる理由とは

乾杯 お酒

お酒を飲みすぎた次の日などに足がつるという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。一見、足のつりとアルコールに関係性はないように感じるのですが、実はアルコールも足のつりを誘発しやすい原因になります。

●お酒で足がつるのは脱水のせい

私達の身体は体内に入ってくる水分と体外に排出される水分が一定に保たれることで体内の水分のバランスを維持しています。そしてこのバランスが崩れると脱水症状を引き起こしてしまうのですが、飲酒も脱水を引き起こす原因になってしまします。

○アルコールの利尿作用

お酒を飲むとトイレが近くなるという人がほとんどではないでしょうか。実はアルコールには尿を出す、尿を出すことを抑えるという働きがあります。

普段、私達の体は抗利尿ホルモンという物質によって尿の量を減らして、体内の水分バランスを維持しています。抗利尿ホルモンのおかげで必要以上に水分を失わなくて済むようになっているのですが、アルコールを摂取することで抗利尿ホルモンの働きが抑えられてしまい、結果的にトイレが近くなります。

特にビールや赤ワインなどは利尿作用が強い傾向にあるので飲み過ぎには注意が必要ですし、アルコールに反応することで尿を排出してしまうので、アルコールの量が増えれば増えるだけ利尿作用も強くなります。目安としては1リットルのビールを飲むと1.1リットルの水分が体から失われることになります。

○アルコールを分解するために必要な水分

体内に入ったアルコールは胃や腸で吸収され、血管に入ります。血管に入ったアルコールはすぐに肝臓で分解され尿や汗、呼気などになって排出されます。

分解をする際に必要な酵素が働くためには水分が必要になり、水分不足を招きやすくなります。

●飲酒で失われるのは水分だけではない

足がつる原因として挙げられるのがミネラル不足ですが、お酒を飲むことでミネラル不足を招きやすくなります。
というのも、尿が排出される際には尿と一緒にマグネシウムやカリウムなどのミネラルも排出されています。お酒によって尿と一緒にミネラルも過剰に排出され、ミネラル不足に陥ってしまいます。ミネラルは筋肉の収縮や神経の伝達をサポートする栄養素であり、不足することで足がつりやすくなります。
また日常的にアルコールを摂取することで分解を行う肝臓は疲れてしまい、機能が低下してしまいます。有害な物質を無毒化するという働きの他にも肝臓には代謝作用を調整する役割もあります。肝臓の機能が低下することで解毒作用がスムーズに行われなくなり、ミネラルバランスも崩れやすくなってしまいます。

●お酒で起こるアルコール筋症とは

摂取量や飲むお酒にもよりますが、飲みすぎた翌日などに筋肉痛のような痛みを感じたことがあるという人はいませんか?この痛みの原因はアルコール筋症と言われるものです。

○アルコール筋症とは

アルコール筋症はアルコールが原因で起こる筋肉の諸症状のことであり、アルコール性ミオパチーとも呼ばれています。アルコールには筋肉を構成する細胞である筋繊維を破壊する働きがあり、これによって筋力の低下や筋肉の萎縮、筋繊維が部分的に破壊されてしまうなどの危険性があります。

○アルコールで傷つけた筋肉は回復しない

一般的に筋肉痛と呼ばれるものは、スポーツジムなどで筋力トレーニングをした後などに起こります。トレーニングで筋肉を傷つけることでその後の回復によって筋肉が成長するのが筋肉痛のメカニズムですが、アルコールで傷つけた筋肉は回復することはなく、損傷を受けている状態なので筋力の低下を招いてしまいます。

○慢性アルコール筋症に注意

毎晩晩酌をしているなど長期に渡ってアルコールを摂取し続けることで、筋肉痛のような痛みを感じることがなくても筋力の低下や萎縮などは続いています。慢性アルコール筋症になる可能性もあることから、お酒を飲まない日を作るなど気をつけなければ、少量でも毎日摂取するのは危険だと考えられています。

○筋力の低下や萎縮は足のつりを誘発しやすい

足のつりは筋肉の異常収縮が原因ですが、これは筋力の低下や萎縮などによって誘発されやすくなります。

●まとめ

飲酒が足のつりに関係するなんて考えたことがなかったという人も多いのではないでしょうか。ですがアルコールも飲みすぎることで足のつりを誘発しやすくなる原因の一つです。お酒の量などに注意することで、飲酒による足のつりを予防することができます。

この記事を書いた人

meister-kx3