栄養不足で足がつりやすくなる?カルシウムとの関係とは

 

足がつる 人形

普段生活している中で足がよくつるという人はカルシウムが不足しているからかもしれません。カルシウムが足のつりと関係しているの?と驚く人もいるのではないでしょうか。カルシウムと言えば骨を作る成分というイメージが強いことから、カルシウム不足で足がつりやすくなると聞いてもあまりピンときません。

●カルシウムの役割とは

カルシウム不足で足がつる理由を説明する前に、まずはカルシウムの役割について知っておきましょう。

カルシウムと聞くと、骨や歯というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。ですがカルシウムは骨や歯を作る以外にも様々な働きを持っています。

そして私達の体内に存在するカルシウムのうち99%は骨や歯に存在していますが、残りの1%は血液や筋肉、神経などに存在しており、この1%のカルシウムがカルシウムイオンとして筋肉を収縮させる、筋肉の神経刺激に対する反応を起こす、神経細胞で情報の伝達を行う、出血をしたときに血液を凝固させるなど大切な役割を持っています。

●カルシウム不足で足がつる理由とは

カルシウムには筋肉が興奮する作用を抑制する働きや様々な刺激に対して神経の伝達をコントロールする働きがあります。

足のつりは筋肉や筋肉に司令を出す神経に問題があることで異常収縮や痙攣を引き起こすことから、カルシウムが不足すると筋肉の興奮や神経の伝達のコントロールが上手くできなくなるため、足のつりを誘発しやすくなります。

●カルシウムが不足している人が多い

現代人の食生活の課題としてよく挙げられるのがカルシウム不足です。

食の欧米化や食材からの吸収率の低さなどが原因で慢性的にカルシウムが不足している人は非常に多く、骨粗鬆症などの原因にもなっています。意識して取り入れなければなかなか摂取することができないのがカルシウムという栄養素です。

○一日に必要なカルシウムの量は?

カルシウム摂取の推奨量は実は1歳児から設定されており、例えば厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準や国民健康・栄養調査を見ると、18歳~29歳の男性の一日の推奨量は800㎎です。女性の場合は650㎎です。

ですがこれに対して実際の摂取量は男性が415㎎、女性は366㎎となっており、ほとんどの年代で推奨量を摂取量が下回っています。

●効率的にカルシウムを摂取しよう

一日に必要なカルシウムの量を食事で摂取する場合は、牛乳やプロセスチーズ、ヨーグルト、しらす干しや木綿豆腐、小松菜などカルシウムを多く含む食品を積極的に取り入れるのがおすすめです。

継続して摂取することが重要なので、毎食1品でもカルシウムを意識した食材を取り入れるようにすることが大切です。ですが一種類の食品から一日に必要なカルシウム量を摂取しようと思うと非常に大変になってしまいますし、食品から摂取することができるカルシウムの量は高くはありません。

マグネシウムやビタミンDなどを含む食材と一緒に取り入れることでカルシウムの吸収率を高めることができ、効率的にカルシウムを摂取することができます。

●まとめ

一見関係ないように思える足のつりとカルシウム不足ですが、カルシウムの役割を知ることで、足がつる原因を引き起こすことがわかります。毎日の食事で積極的にカルシウムを含む食材を取り入れて、足のつりを予防することができるようにしましょう。

この記事を書いた人

meister-kx3