簡単にできる!!今日からできる7つの対策で足のつりを予防しよう

注意 ひらめき

就寝中や朝方、運動中などに起こる足のつりは、主にふくらはぎや足の指、足の甲や土踏まず、すねや太ももなどに起こります。足がつってしまうと激痛でしばらく動けなくなってしまい、中には翌日まで痛みを引きずってしまうという人もいます。頻繁に足がつったり、重症化すると日常生活にも支障をきたしてしまうので、これから紹介する7つの対策を取り入れて足のつりを予防しましょう。

●運動をする

筋肉に疲労によって起こる足のつりは、運動不足による筋力の低下も大きな原因になっています。筋力が低下すると筋肉に疲労が蓄積しやすくなりますし、回復も遅くなってしまいます。また筋肉の柔軟性も低下してしまうので足がつりやすくなってしまうことから、ウォーキングなど適度な運動を取り入れて筋力を維持しましょう。また運動をすることで血行不良を改善することができるので、これも足のつりを予防するのに有効です。

●ストレッチをする

激しい運動をしたとき、長時間歩いたとき、立ち仕事をしたときなどはストレッチをして、筋肉をほぐすことで筋肉の緊張をやわらげることができ、足がつるのを防ぐことができます。就寝時に足がよくつるという人は一日の終わりにしっかりストレッチをしてみましょう。

予防法その2~ストレッチで筋肉を伸ばして足のつりを予防する

●マッサージをする

血行を改善する有効な方法として挙げられるのがマッサージです。つりやすい部位をゆっくりとマッサージをして揉みほぐすことで血流をよくして、筋肉に必要な栄養や酸素などを届けることができます。またマッサージは冷えの改善にも効果的です。

予防法その3~マッサージで筋肉をほぐして足のつりを予防する

●スポーツドリンクを取り入れる

脱水を予防するために取り入れたいのがスポーツドリンクです。水やお茶でも水分補給をすることができますが、ミネラルも一緒に摂取することができるスポーツドリンクを取り入れることで効率的に水分とミネラルを摂取して体内のイオンバランスを整えることができます。

予防法その4~足のつりを予防するならスポーツドリンクを取り入れる

●食事のバランスを見直す

汗や尿と一緒に排出されるミネラルは体内で生成することができないことから、食事で補う必要があります。カリウムやマグネシウム、カルシウムやナトリウムなどを豊富に含む食材を毎日のメニューに取り入れてバランスのよい食生活を心がけましょう。

●漢方薬を取り入れる

東洋医学で古くから取り入れられている漢方薬の中には、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という筋肉の痙攣に効果のある漢方薬が存在します。仕方ないと思われがちな足のつりも漢方薬を取り入れることで予防することができます。

予防法その6~足のつりを予防する漢方(芍薬甘草湯)を取り入れる

●サプリメントを取り入れる

マグネシウムやカリウムなどのミネラルは体外から摂取する必要がありますが、なかなか忙しくて毎日の食生活を見直すことができないという人もいるのではないでしょうか。そこで食事のサポートとしてマグネシウムやカリウムなどのサプリメントを活用するのもおすすめです。

予防法その7~足のつりの予防はサプリメントを活用する

●まとめ

足のつりを予防する方法を7つ紹介しました。簡単に始めることができるものやドラッグストアで購入することができるものなど、いくつかの方法があるので無理をせず少しずつ取り入れて足のつりを予防しましょう。

この記事を書いた人

meister-kx3